アラフォーの悩みはたるみやしわですね。

アラフォーになると顔のたるみやしわは必ずと言っていいほど出てきます。
たるみがなければもっと若く見えるのに・・・と思いますよね。

 

シミはそれほど濃くなければお化粧で隠せますが、たるみはどうしても隠せない。
なので悩みも深刻だと思うわけです。

 

ほっぺたや口のはじっこが弛んでくると、フェイスラインが崩れます。
そしれハリが感じられずゆるゆるの感じに・・・

 

たるみがひどいと、口角に肉が乗ってしまい、いわゆるブルドッグ顔になってしまいます。
そうすると5歳も10歳も老けた感じになってしまうんですね。
たるみってほんとに大敵だな、と思います。

 

いつごろから肌の張りが失われれるかということですが、ピークは20歳とか25歳と言われていますね。
なのでそれ以降は徐々にハリや潤いが失われてたるんでいくということなのです。

 

でもまだ30歳くらいでは目立ったたるみはないのが普通。
自分でも気づくのは40歳前後ではないかと思います。
そして、改善したい、と思うのもこれくらいの年齢ではないかと思います。

 

だいたい35歳を超えたらかなり肌も衰えが出てきますから、理想的には30代でリフトアップ化粧品やケアを始めるのがいいですね。
何事も早く始めた方がいいのは間違いないので、ほんかくてきにしわやたるみが出る前に手を打っておくといいと思います。

 

 

たるみを改善するには?

肌のたるみを改善する方法はいくつかあります。

 

・化粧品でケア
・美顔器を使う
・エステに行く
・リンパマッサージなどのマッサージをする
・サプリメントで内側から整える
・美容整形する

 

 

だいたいこんなところではないかと思います。

 

即効性があって確実にたるみが摂れるのは美容整形でしょうが、これは費用もかかるし多少のリスクもあります。
たるみの度合いや、どんな施術法を受けるかで金額は変わりますが、数十万はかかると思ったほうがいいですね。。

 

最近の美容整形はメスを使って顔に傷をつけることは少なくなりましたね。
もちろんそういうリフトアップ方法もありますが、人気があるのはヒアルロン酸注入やレーザーの照射です。
傷跡も残らないし、費用も少し安い。そして安全性も高くダウンタイムも短いかなしなので受けやすいとうことがあります。

 

メスを入れて皮膚を引っ張り上げるよりビフォーアフターが目立たないので、人に気づかれにくいというのもメリットですね。
やっぱり若返りたいけど、人に知られるのはイヤですからね・・・

 

レーザー照射(ヤグレーザーやサーマクールなど)は、施術直後より日にちが経った方が効果が表れてくるそうです。
なので、自然に若返ることができるのもいいんですね。

 

少しずつ若返っていけばまわりの人はほぼ気づかないと思います。

 

ただ、レーザーも永久のものではなく、1年とか2年に1度は施術を受けないといけないみたいですね。
どれくらい持つかは施術方法によって違うそうです。

 

ヒアルロン酸などは半年から2,3年ということなので、定期的なケアは必要です。
経済的にも余裕がある方でないと続けるのはちょっと厳しいかもしれませんね。

 

ただ、こういう方法だったら年を取ったらもう施術はやめて自然に任せるという選択もできます。

 

メスを入れて皮膚を引っ張り上げると、死ぬまで顔の皮膚がピン!と張っていたりしてかえって不自然ということもありますね。
芸能人などならまだしも、普通の人が年をとっても異常に若いというのは目立ちすぎます。

 

 

お勧めなのは、レーザー照射かヒアルロン酸などの注射かな、と思います。
施術時間も短く、受けたすぐあとからお化粧できるものもあります。
家族や友達、職場の人にもばれずにそっと若返りができるのが人気になっているようですね。

 

 

 

リフトアップ美顔器

リフトアップに効果的なものは他にもあります。
美顔器などはおすすめだと思いますね。

 

美顔器ってたるみ解消だけのためではありませんが、マッサージ効果が高いのでたるみには一番効果があるのではないかと思います。
エステのゴッドハンド並みの効果が期待できるものもあるのです。

 

私がおすすめしたいのは、トリアスキンエイジングケアレーザー美顔器です。
家庭用美顔器にしては珍しく、フラクショナルレーザーを使っています。

 

日本で販売されている美顔器のほとんどは、超音波やローラー式。
悪くはないんですが、効果の点で言うとフラクショナルレーザーには劣るな、と思います。

 

大雑把に言えば、フラクショナルレーザー美顔器は、肌を内側から生まれ変わらせるのです。
他の美顔器は美容液の成分を肌の上から浸透させるのがメインと言えると思います。

 

なので、本気でリフトアップしたければ、レーザータイプの美顔器がいいと思います。

 

ただ、欠点もあります。

 

美容外科と同じレーザーなので、かなり強力(出力は低く下げていますが)。
肌が生まれ変わる過程で、肌が少し赤く炎症を起こすんですね。
それを乗り越えると肌が一枚むけたかんじできれいになるのですが、途中がちょっと大変なのです。

 

今ある細胞をいったん殺して、新しいものを再生するのでこういうことが起きるんですね。
でも、時間が経つにつれ肌の弾力を感じたり、毛穴の開きが気にならなくなったり、たるみも改善されてくるんです。

 

しわやたるみをなくす、というより、内側からハリを与えるのです。
なので、一時的な効果ではなく、使い続けていけばずっと若返りの力が働くというわけです。

 

美容外科でフラクショナルレーザーを受けるとかなりのお値段になるんですね。
回数にもよりますが、効果がでるまでには50万くらいは軽くかかってしまいます。
美容外科の施術と言っても永遠に効果が続くわけじゃないので、繰り返し受けなくてはならないので費用はさらにかかります。

 

でも、トリアのスキンエイジングケアレーザー美顔器なら一度買えば半永久的に使えます。
最初は他の美顔器と比べると若干高いかな、と思うのですが、効果ともちを考えるとお安いと思いますね。
他には美容液があればOKです。
(顔を滑りやすくするために使うものです)

 

美容液は使いやすければなんでもOKなので、それほどお金はかからないかな、と思います。

 

また、一台あれば家族で使えるので親子や姉妹でも使えますね。
一回の所要時間は10分なので複数人で使っても大丈夫です。

 

毎日続けることが大事ですが、10分なら夜寝る前などにやればいいかな、と思います。
この時間の短さもトリアのメリットだと思います。

 

また、美顔器も片手に収まるサイズだし、持ち運ぶのも負担になりません。
充電式なので使わない時に充電しておけば出先でも使えるんですね。
旅行にもっていったり、職場に置いておくのも便利ですね〜。

 

 

たるみやしわを防ぐ

たるみやしわ、できれば作りたくないですね。
予防するためにはたるみの原因を知ることも大事です!

 

原因は主に加齢によるものですが、なぜ年をとると肌がたるんでくるのでしょうか!?

 

それは、水分が不足してくるからなのです。
つまり乾燥が大きな原因になっているのです。

 

赤ちゃんの頃はプルプルしたみずみずしい肌をしていますが、年齢とともに肌は水分を失ってきます。
20歳のころをピークとすると40代になるとだいたい半分くらいになってしまうとか・・・!
これはオソロシイですね。

 

なので、30代になったら何はなくとも保湿が大事です。
化粧品を保湿タイプのものにすること、日中でも気づいたらミストをするなどして乾燥させないこと、そして、紫外線の影響を受けないように肌のバリア機能を壊さないことなどがあります。

 

紫外線などの有害物質が肌の奥まで浸透すると、肌がダメージを受けてターンオーバーも乱れ、しわやシミを作り出します。
敏感肌の方は特に肌のバリア機能が弱いので注意が必要ですね。
化粧品もオーガニックのものを使うなど工夫するといいと思います。

 

また、洗顔やクレンジングも気をつけないといけません。
洗浄力が強すぎるものを使うと肌に必要な皮脂や常在菌も根こそぎ奪ってしまいます。
そうすると外的刺激をもろに受けるようになって肌がドンドン弱ってしまいます。

 

クレンジングは浮かせて汚れを取るタイプのものがおすすめですね。
オイルは意外に刺激が強いので避けた方がよさそうです。

 

洗顔法も大事で、肌をこすることは即肌にダメージをあたえることになるので、できるだけこすらないことが大事。
泡の弾力で肌を洗うのもいい方法です。